社会人が看護学校へ

社会人の行ける看護学校が分かる

 

 

看護学校の倍率は全国平均4.2倍です!かなり高騰してます。

看護師になるには看護学校を卒業する必要があります。全国の看護学校数は512校。内、生徒を募集している看護学校は504校。全て社会人が受験できる看護学校です。内、30代40代社会人から看護師を目指す人はどれくらいいるのかで紹介していますが、20代上の社会人がおおよそ7000人弱看護学校に入学しています。看護学校の全国平均の倍率が4.2倍。全て社会人ではありませんが、看護師になろうとして看護学校を目指している社会人は1万人は超えるでしょう。そんな社会人から看護学校を目指す人達が知りたい全国の看護学校の情報を紹介しているサイトです。

 

社会人が看護専門学校を目指す理由

社会人が看護専門学校を目指す理由は

  • 時間
  • 費用
  • 手に入る資格が同じ

だからです。看護大学の場合それなりの学費がかかってきます。奨学金などはありますが、4年間で数百万単位で掛かります。時間の面で見ても看護専門学校であれば3年で済みます。それに

看護大学も看護専門学校も同じ看護師資格が手に入ります。

だから社会人は看護専門学校を目指します。その上で看護学校の過去問は対策には欠かせません。このあたりも紹介しています。
社会人 看護学校 

看護専門学校と看護大学では何が違ってくるのか?

看護専門学校と看護大学それぞれで看護師資格を取得した場合の違いは

  • 就職先が大きい病院など条件が良い職場を選択しやすい
  • 大学によっては助産師や保健師など関連資格の受験資格が取得出来る

大きな違いであればこの2点です。

 

社会人から看護師を目指す人は基本色んな事情や経験を経て20代30代40代から看護学校を目指します。現役学生とは状況が違います。それに社会人は看護師になることが目的です。もちろん収入や仕事面で優遇されるような大学に入学出来るのであればそれに越したことはないでしょう。しかし看護師資格が今仕事面で困ることはほとんどないでしょう。だからこそ社会人が看護学校に行き看護師を目指すことを決意するのです。よほど保健師になりたいや助産師になりたいという強い思いがあれば話は別です。そうでない場合は通常、社会人は看護専門学校を目指します。
社会人から看護学校 

まとめ

繰り返しますがこのサイトではそんな社会人の方が看護学校に行くのに必要な情報

  • 各学校の倍率
  • 入学金
  • 受験料
  • 受験科目
  • 奨学金の種類
  • 偏差値

などを紹介しています。

 

看護師になるには?

 

准看護師になるには?

 

社会人,看護学校,看護専門学校